ブカレスト大学外国語学部日本語学科ブログ

ブカレスト大学の日本語学科のことを日本語で発信しているブログです。

スポンサーサイト

Posted by J-unibuc on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーマニアの小学校での「日本学校」のイベント

Posted by J-unibuc on

5月29日〜31日の3日間、ブカレストの小学校「școala nr.1 "Sfinții Voievozi"」で、「日本学校」のイベントが開催されました。
ブカレスト大学日本語学科の学生たちは「日本語の先生」としてそれぞれのクラスに入り、日本語の授業や折り紙、寿司、太鼓、ソーラン節など、さまざまな活動をおこないました。


「日本学校」のイベントのポスター
posterScoalaaltfel.jpg 

オープニングの様子
CIMG3728.jpg 

日本語の授業の様子(数字を教えています)
CIMG3751.jpg 

書道の授業の様子(筆で「犬」という漢字を書いています)
CIMG3772.jpg 

折り紙の授業の様子(このクラスでは、鶴を折りました)
CIMG3948.jpg 

箸の持ち方を教える様子
CIMG3961.jpg 

はっぴを着てソーラン節を教える様子
CIMG4094.jpg   

お寿司の作り方を教える様子
IMG_0039.jpg 

太鼓を教える様子
IMG_0293.jpg  



スポンサーサイト

3年生の作文「私の国の食べ物」

Posted by J-unibuc on

3年生の授業で「私の国の食べ物」という題で作文を書きました。
「伝統的」、「お湯」、「値段」、「一人暮らし」、「若者」、「現在」、「商品」、「競争」、「東南」の言葉をできるだけたくさん使うというルールもあります。
学生の作文のなかから、いくつかご紹介いたします。



あなたの国の食べ物
ブリカン・カタリナ

私はモルドバ共和国で生まれました。モルドバで人気がある食べ物はゼアマです。ゼアマの起源はロシアのボルシェで、味も少し似ていますが、色は違います。いわゆる、ボルシェはビーツから作られているので、色は紫になりますが、ゼアマはできるだけ明るい黄色でクリアな質感があったほうがいいです。私の両親の子供のころには、ほとんどの人は毎日、昼ご飯として、ゼアマを食べていましたが、現在の若者は作り方が難しいと思っているので、両親と一緒に住まないとあまり食べていません。私も一人暮らしをしているから、毎日ゼアマを作る暇がないし、たくさん商品が必要なので、月に一回しか作りません。もちろん、モルドバ風のレストランでもゼアマを食べられるけど、値段はちょっと高いです。
でも、実家は懐かしくなると、しょうがなく、ゼアマを作るか、レストランに食べに行きます。



チェブレキ・シュベレク
バラン・アンドレア

チェブレキというのはタタール人の伝統的な料理だけれど、東南ルーマニアでもとても人気で伝統になりました。ドブロジャではシュベレクと呼ばれています。
普通は味付けした羊の挽肉で作られますが、ドブロジャでは鶏肉、豚肉、チーズのチェブレキもあります。この挽肉やチーズをうすくのばした生地に詰め、油で揚げます。
海のリゾートでは色々なチェブレキの出店があります。値段も安いので、旅行する若者に人気があります。日光浴に行くときお腹がすいたら、この食べ物を買うことができます。そのため、本当に便利な料理だと思います。



わたしの国の食べ物
レテゼアヌ・マダリナ

ルーマニアにはおいしい食べ物はたくさんありますが、ある食べ物は伝統的かどうかよくわかりません。
例えば、ルーマニアの「トゥルタ・ドゥルチェ」という甘い物は人気があるし値段も安いし本当においしい食べ物ですけど、本当にルーマニアの食べ物でしょうか。イギリスでも見つけることができるそうです。
現在でも若者にもお年寄りにも人気がある伝統的な食べ物は「チオルバ」という料理です。店で見つけられる商品ではないのに、一人暮らしの場合に便利な食べ物だともいます。スープのような料理なので、お湯や野菜や肉などの材料が必要です。特別な材料は「ボルシ」という物です。ボルシを注ぐとスープは酸っぱくなります。チオルバを食べるとうちに帰った気がします。もちろん、このスープは缶で買うこともできますけれど、家で作られたものと比べると、味は同じようにおいしくないと思います。
上に述べた食べ物はたぶん一番人気がある食べ物ではありませんが、大切な例だと思います。 もちろん、現在はファストフードが流行っているので、ルーマニアには伝統的な食べ物と外国からの食べ物の競争があるのです。

チリビウ・ソリナ

Posted by J-unibuc on

「日の本」まで行った私の話

図1


ブカレスト大学三年生のチリビウ・ソリナと申します。奈良教育大学で一年間留学しました。
子供の頃から日本に興味を持っていて、日本に留学するのは夢でした。それで、2015年の秋、海を渡って、日本の空気を吸い込むことがやっとできた私はとても幸せでした。「よし!やっと、本物のラーメン食べられるよ!」と思いました。一年間、日本のあっちこっちのラーメン屋さんに行ったり、有名な横浜ラーメン博物館まで行くことも出来ました。

図2


もちろん、留学生活は、ラーメンを食べることだけが全てではありませんでした。奈良教育大学のおかげで、相撲や歌舞伎、文楽を観に行ったり、日本文化を味わうことが出来たと思います。そして、高校の時から落語に興味を持っていましたので、奈良教育大学での研究テーマは上方落語にしました。上方落語は独特な特色を持っていて、非常に魅力的なので楽しく情報を集めました。ルーマニアで上方落語を実際に視聴する機会があまりなくて、日本でそれが出来て、とてもいい経験になりました。
学習旅行でも土器の作り方とか他の色々なこともたくさん習って、素敵な人にも出逢うことができました。
友達と一緒に旅に出たこともたくさんありました。それぞれの旅から新しいことを学びましたが、日本の祭り(例えば 葛城市のダンジリ祭り、奈良の春日大社のおん祭りという夜に行う祭り、祇園祭りなど)に参加できたり、旅館に泊まったり、温泉に入ったりして、美しい景色にいやされることも多かったです。日本に行く前にしたかったことが大体全部できたので、日本に感謝しています。
 
授業や留学プログラムのイベント以外に、奈良教育大学の演劇部(キラキラ座)に入って、日本の演技法を習いました。最初は裏方として活動しましたが、今年の7月、新人公演に出演することになりました。日本の神様の役をやらせていただいて、私にとって本当に印象に残った体験でした。そして、部活で友達もできたので、素晴らしいところに連れていっていただいたり一緒に遊んだりして、かけがえのない思い出もたくさん作りました。

図3



日本に行って、周りをよく観察したら、様々なことに気づきましたがこれだけは言いたいです。ステレオタイプやイメージにこだわるのはだめだと思います!「日本人はシャイ、日本人はまじめすぎる、日本人は全員こうだ」というと、勘違いやコンフリクトなどが生まれる可能性が高いと思います。ステレオタイプやイメージを簡単に消すことは出来ないかもしれないが、それについて少し考えてほしいです。ある国のステレオタイプにこだわると、その国の人をわかることが出来なく、相手を傷つけることも多いでしょう。従って、日本人だけではなく、他の国籍の人々にもステレオタイプにこだわるのがよくないと思います。日本では他の留学生の友達も作れて、世界の色々な文化に触れ合うことが出来たので、心を広げることがどれだけ重要なのかがわかりました。
今後、日本語も日本文化もしっかり勉強し続けて、いつか日本で活躍したいので、夢に向かって一生懸命頑張りたいと思います。

図4

留学体験

Posted by J-unibuc on

ブカレスト大学三年生のバウドゥ・アナマリアと申します。2015年9月から2016年8月まで早稲田大学日本語教育研究センターに留学しました。日本に初めて着いた時の第一印象は、きれいでとても便利なものがたくさんある国でした。人間関係の第一印象については気遣いがとても大切だと分かりました。即座に、空港で迎えに来てくれた留学センターのスタッフをはじめ、寮の管理人さん、コンビニや靴屋の店員さんなど、日本人のおもてなしと接することができました。
 早稲田大学で様々な面白い授業を受けながら、日本語の勉強だけではなく、社会についても色々なことを学びました。授業以外に、早稲田大学には学生サークルや面白いイベントがたくさんあります。私は国際交流サークルに参加して、素敵な友達や経験ができました。日本人の友達だけではなく、世界中の友達ができて、世界への見方は非常に広がっていきました。参加したイベントの中で特に気に入ったのは東京ツアー、スピーチコンテスト、秋や冬の学生合宿、早稲田祭、ホームステイプログラム、小学校訪問というイベントです。
 一年間、充実した留学生活を送ることができました。留学で学んだ勉強はもちろん、日本での素晴らしい方々との出会いは、私にとって、かけがえのない経験となりました。今回得た貴重な経験を、今後の学業・社会生活に活かせるよう、より一層日本文化の研究に励みたいです。
DSC_0139-min.jpg

ブリカン・カタリナ

Posted by J-unibuc on

 成田空港に降りて最初に感じたことは、大きな空港で大勢の人がひしめいてるにもかかわらず、驚くほど静穏だと思いました。電車の中で同じ感想をもちました。
次に思ったのは、日本人は強い審美眼があるということです。例えば、私のうちの近所の町並みはシンプルな美しさにあふれて、小さな家の建築でも素敵に見えました。それぞれの家はきちんとした庭があって、自然との共生は守られていると気づきました。それは日本について一番印象に残ったことです。
image1-min.jpg

  
 大学といえば、学習院女子大学はブカレスト大学と比べるともっと小さくて、女子だけの大学です。初めに、このことに少し不安を感じたけれど、だんだんこのような大学の利点に気づくようになりました。例えば、日本語の授業では、グループに5人の留学生しかいなかったので、みな自分自身を表現する機会が多くありました。

 この一年間は忙しかったのに、ストレスをあまり感じませんでした。初めは不慣れな環境でしたが、日本人のみなはいつも親切で、全然心配することなく、ずっと素敵な時間を過ごすことができました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。