ブカレスト大学外国語学部日本語学科ブログ

ブカレスト大学の日本語学科のことを日本語で発信しているブログです。

スポンサーサイト

Posted by J-unibuc on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラブ担当者による紹介

Posted by J-unibuc on

【囲碁・将棋クラブ】
 
 囲碁と将棋は数千年の歴史があって中国から来た頭脳ゲームで子供から大人まで楽しめるアジアの文化です。日本語学科の「道開き」という文化祭のため、大学で囲碁・将棋クラブの活動が始まりました。そこで、ゲームのルールや基本作戦を勉強したり、おしゃべりしたりして楽しい雰囲気を作りました。文化祭でクラブの経験をいかして一般の方に囲碁と将棋の初歩を教えています。

(担当者:ミリタル・ユリアン)

囲碁将棋クラブ



【書道クラブ】
 
  ブカレスト大学外国語学部日本語学科の書道クラブは2011年に開かれ、「道開き」という文化祭に参加する大学生の練習を目的にしている。今日までクラブを担当してきたのは大学生のみであったため、担当者こそが学習者でもあり、参加を希望する大学生と相談しながら、活動してきたのである。活動内容は、最も基本的な書体である楷書体の漢字や仮名であり、そのための教材としては日本で購入した子供や初心者向けの教科書を使用してきた。昨年は、日本人の留学生の協力のおかげで、クラブの指導は改善したと聞いている。

 先に述べたように、「道開き」のためのクラブであったが、徐々に様々なイベントのための書道ワークショップや展覧会などを準備するものとなってきた。その例としては、2011年に起こった東日本大震災の後の復興に奉る「世界の友」というイベントのための展覧会、または「日本の夜」という文化祭の書道ワークショップなどを行った。

 私の今年度の留学により様々な材料や教材を取得したため、練習している内容をより増やし、新たに行われることになる日本の文化祭などに参加できるよう、この書道クラブで活躍していきたい。

(担当者:ウラド・デリア・エレナ)

書道クラブ

スポンサーサイト

クラブ活動

Posted by J-unibuc on

 ブカレスト大学では学生による様々な日本文化に関するクラブ活動があります。ここでは、学生によるクラブ紹介をしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。