ブカレスト大学外国語学部日本語学科ブログ

ブカレスト大学の日本語学科のことを日本語で発信しているブログです。

学生の夏休み

Posted by J-unibuc on

大学は現在、夏休みです。日本語学科の学生は地方出身の学生も多く、普段はブカレストで生活していますが、長い休みになると、故郷に戻って休みを過ごす学生も多いようです。7,8,9月と3ヶ月近くの夏休みを学生はどんなふうに過ごしているのか、1年生(10月から2年生)に聞いてみました。

【ソリナさんの夏休み】

 私は一週前に高校の友達と一緒に海へ行きました。海が本当に好きです。Costinesti と言う町に行きました。ここの物の値段や食べ物は本当に安いですから、若者たちがこの町を選びます。

 いろいろなクラブや小さい遊園地もあります。とてもにぎやかな町です。一番好きな瞬間は朝日を見た時です。すごく綺麗でした。友達と一緒に楽しい時間を過ごしました。来週 おばあちゃんに逢いたいので、田舎に行こうと思います。

10534430_886156048078744_3138444051717324258_n.jpg


【アレクサンドラさんの夏休み】 

 この夏休みの初めに親友と一緒にハンガリーへ行きました。まずブダペストへ行って、そこから電車に乗って、ゾマルディー(Zamárdi )という小さな町まで行きました。小さくて、きれいで、風景は美しかったです。
 そこでインターネットで知り合った色々な国の友達と初めて出会って、同じ家に泊まりました。友達は優しくて、明るい人たちでした。たくさん笑って、面白い話ができて、良い時間を過ごしました。

一緒にバラトンサウンド(Balaton Sound) という音楽祭へ行きました。世界中から有名なDJが来て、彼らの音楽を聞くことができました。毎日雨に降られて、天気はあまり良くなかったですが、気持ちはとてもよかったです。
私にとって、このことは今年の夏休みの大切な思い出です。

10541897_679400338812235_1515571801_n.jpg


【アナマリアさんの夏休み】

 7月に友達のアディナさんと一緒にスペインへ行きました。スペインの都と近くの町を見物しに行きました。マドリードはとても美しい町だと思います。マドリードのけんちく物とはくぶつかんと名所はぜんぶすばらしい。マドリードには町のいろいろな所に美術品がありました。美術が好きなのでたくさんてんらんかいに行きました。時々はくぶつかんへの入館はフリーでした。うれしかったです。トレドという町にも行きました。トレドは古くて面白い町です。そこでは、たくさん小さい道がありました。
案内板は日本語でも書いてありました。びっくりしました。たぶん日本から来ているかんこうきゃくは多いですね。

10560551_10204349183230669_4146206379210857856_o.jpg 10461308_10204349201231119_7614837726736200747_n.jpg

 スペインから帰って、家族と一緒に山に小さい旅行に行きました。ブシテニという行楽地に行きました。ブシテニの景色はとてもきれいでしろも一つあります。カヌタクジノというしろを見に行きました。しろのエクステリアはすばらしかったですがインテリアは中身がなかったです。そこでお金持ちの人は結婚式のパーティをします。

10608593_10204349204671205_1001968374524621257_o.jpg