ブカレスト大学外国語学部日本語学科ブログ

ブカレスト大学の日本語学科のことを日本語で発信しているブログです。

日本で留学した経験

Posted by J-unibuc on

セバスティアン・パドゥレ

日本語学科、三年生のセバスティアン・パドゥレと申します。私は2013年の五月から六月まで関西国際センターで六週間研修をしました。その後、九月から2014年の八月まで秋田大学で日本教育文化学部の学生として一年間留学しました。

日本に初めて着いたところは大阪です。その時、飛行機から関西国際センターまで自分で行かなければなりませんでした。センターから説明書をもらったんですけれども、日本の電車とルーマニアの電車は少し違いますね。その上、日本語レベルはまだ低いと思って、だれかに手伝ってほしいと頼むことができませんでした。五分日本にいただけで、警察の人が私のところへ来ました。何も言わずに、その人は「迷っていますか、どこへ行きたいんですか」と私に聞きました。それから電車の所まで一緒に行ってくれて、乗り換えの駅も教えてくれました。私は「こんなに優しい人なんて、すばらしいですね」と思いました。このことは大阪だけではなく、どこでも日本人は優しくて、何から何まで手伝ってくれました。

関西国際センターのプログラムは大体会話に焦点をあてたものでした。日本社会においてどんな問題が起きているか、例えばリサイクルや高齢者、就職などの問題について会話しました。また、様々な文化的なイベントにも誘ってもらいました。その中で私にとって非常に楽しかったイベントは合気道と和太鼓のイベントです。

秋田大学では教育文化学部の学生として様々な授業がありました。日本語を勉強するために漢字や文法、会話、作文の授業はもちろん、非常に役に立ちました。それ以外にも、普通の授業にも参加しました。例えば柔道のクラスに参加しました。また、秋田大学の留学生センターも様々なイベントに誘ってくれました。スノーボードの合宿、自分の国を教える会、餅つき会などのイベントがありました。秋田大学での生活は非常に楽しかったです。

春休みと夏休みの時、旅行に行きました。東京、京都、奈良を見に行って、札幌から沖縄までも行きました。日本のお寺と神社は世界で有名です。私も自分の目で美しさを確かめましたけれども一番印象に残っていることは秋田市の竿燈祭りです。このような技術、献身、チームワークは世界のどこにもないと考えています。この祭りを見に行くと、日本人の心がよく分かると思います。

日本にいた間に日本人の話し方について一つ気がつきました。どんな状況でも、わるいことかいいことを言いたい時、直接言わないことです。大体ルーマニア人は言いたいことを最初から言います。実は、ルーマニア人は時々に直接過ぎると思います。

日本に留学したことは私にとって非常に大事な経験でした。多くの友達を作ったり、日本の文化について勉強したり、様々なところを見に行ったりしました。でも、一番大切なことは日本語を話す自信を手に入れたことです。日本人は英語を大体高校生から勉強しているんですけれども、外国人と会った時に話す自信があまりないと思っています。そのため、将来にインターネットで英語と日本語会話サークルを作りたいです。このように日本人とルーマニア人はお互いに言語を教えることができて、自然に友達になり、多くの日本人と大事な関係を作るつもりです。

ブカレスト大学日本語学科、国際交流基金と日本大使館のおかげで日本で留学機会をいただいて、どうもありがとうございました。


日本で私の叶った夢

Posted by J-unibuc on

アンドレーア・バラオユ
(修士課程、1年生)

2014年,1月28日から大阪の関西国際センターで私の研修が始めました。ひらひら心で、私は自分の夢が少しずつ現実になると感じました。

日本に初めて着いた時の感想はまるで新しい、鮮やかな色に染めたような世界に入ってしまいました。飛行機が関西空港に着陸しようとしていて、外のパノラマは光の海のようでした。
私の最初に考えたのは、「私がこの場所のこともっと知りたい!もっと見たい!」
そして、この研修を通じて、今私の内面を見つめている時、私は途方もない変化を感じています。

センターで私の日常生活として、毎日授業でディスカッションやインタビューやスピーチコースを受けました。他の面白い活動は アニメや漫画などで日本語の使い方や若者言葉や関西弁などのワークショップでした。
教育的な活動、たとえば大阪国立大学や立命館私立大学訪問なども行いました。
しかし、私の一番好きなアクティビティは さまざまな参加していた文化体験:着付け、和太鼓、 合気柔術 。

Andreea Balaoiu Taiko

日本でのさまざまな場所を訪問した間私は環境の調和を感じました。私の視点から最も印象的なことは日本建築における伝統と現代性のバランスです。
精神的な観点から、私は日本人のオーラ最も感銘を受けました。
忙しくても、いくつかの日本人が生活のさまざまな側面を考え、私たち研修生とそれを共有するために自分の時間を要した。

関西でいろいろな場所を訪問した時(京都、奈良、和歌山、神戸)、町を歩ける間私は自分の国と日本を反映していて、多くの相違点が頭に浮かべました。 私が気づいた主な違いは、日本人は自分の活動について非常に情熱的ということです。日本とルーマニアのもう一つの違いは、日本人の学習環境における勤勉さです。私は大阪大学や立命館大学を訪問しながらこう言うことを気づきました。私が気づいたもう一つは、外国の文化における日本人の関心の高まりである。文化的に言えば、日本人はルーマニア人よりも精神的です。国際センターに近い地元の神社を訪れている間、私は日本人が祈りと宗教的な習慣における非常に情熱的と見ました。

研修を終えて、今後はなに?
関西国際センターでの言語プログラムを通して、私は自分の日本語能力を向上させ、より自由に話せるように勇気を建てました。
今後研修で得た知識を活かすために、私はルーマニアでも、海外でも多くの文化的や言語的な活動などに参加して、私の感想を共有することで日本語と日本文化の知識を深めたいと思います。