ブカレスト大学外国語学部日本語学科ブログ

ブカレスト大学の日本語学科のことを日本語で発信しているブログです。

スポンサーサイト

Posted by J-unibuc on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語学科の学生の1日

Posted by J-unibuc on

 外国語学部でさまざまな外国語を勉強することができます。学生は3年の間に二つの外国語を選び、学びます。日本語の他に、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語、韓国語、オランダ語、イタリア語、ポルトガル語、アラビア語、ギリシャ語、ロシア語、ペルシア語、ラテン語、ブルガリア語、セルビア語、クロアチア語を学ぶことができます。二つの外国語を学ぶので、私たちの時間割は少し忙しくなります。日本語学科の学生は一週間に3日,8時間~10時間日本語を勉強します。

 授業は8時から始まります。1コマは2時間です。授業が1コマだけの時もありますが、1日中大学にいることもあります。授業では日本語の文法を習うほかに、日本の文化や歴史について色々なことを学んだり、日本の文学も読みます。

 授業の間の休憩は10分ぐらいあります。日本の大学のようなお昼休みはありません。休憩の時に学生はおしゃべりしたり、食べたりします。キャンパスの中に食堂はなくて、休み時間も余り長くないので、お昼ご飯を食べることができません。教室の中で食べてはいけませんから、廊下で間食をします。間食はコブリジと言う食べ物とか、サンドイッチとか、甘い物とかです。

1978506_599747870110816_920431839_o.jpg
コブリジ

1795976_600077350077868_104473193_o.jpg
いろいろなお菓子

 授業が終わった後、次の日にも授業がある場合、すぐに住んでいる所へ帰って、宿題をしたり、勉強したりします。だいたい遅く寝ることになります。金曜日なら、たぶん友達と一緒に出かけるでしょう。コーヒーやジュースやビールなどを飲みながら、さまざまなことについて話して、良い時間を過ごします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。