ブカレスト大学外国語学部日本語学科ブログ

ブカレスト大学の日本語学科のことを日本語で発信しているブログです。

スポンサーサイト

Posted by J-unibuc on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルカン半島日本語サマーキャンプ参加

Posted by J-unibuc on

 6月30日~7月5日まで、ブルガリアのキテン市で「第3回バルカン半島日本語サマーキャンプ」が行われました。このキャンプはバルカン半島で日本語を学んでいる大学生が集まり、日本語の授業や日本文化体験を通して、交流を深めるためのキャンプです。今年は、ブルガリアをはじめルーマニア、セルビア、マケドニア、トルコから30名以上の大学生と、日本からの留学生や、各大学の教員を含め50名が集まり、6日間を過ごしました。

ディスカッションの様子
DSC04790.jpg

 ブカレスト大学の日本語学科からも5人の学生がこのキャンプに参加しました。キャンプでは日本語を使って、文化の違いについて議論を行いました。議論を通じて、わかったこと、感じたことなどを新聞記事にするという課題もありました。また期間中には隣の市の幼稚園を訪問し、日本文化の紹介も行いました。

ブカレスト大学の学生によるルーマニアの文化紹介
DSC04829.jpg

 ふだん、大学の外では、日本語を使う機会が、そう多くはありませんが、こうして、近隣の国々で同じように日本語を勉強している学生たちと日本語を使って交流することは、学生にとって、よい刺激になり、今後の日本語の勉強の動機につながる機会になったと思います。

*キャンプに参加した学生が書いた新聞記事は Read More よりどうぞ。⇒



以下では、キャンプに参加した学生が授業で行ったグループディスカッションを元に書いた新聞記事を紹介します。

・エレナさんは趣味についてグループで話し合いました。子どもの趣味と大人の趣味では違いがあるという話になりました。

趣味-子どもから大人まで

 趣味について話すことは、とても便利な話題と思われます。友だちでも、友だちでなくても、どんな会話の時も趣味の話はちょうどいいですね。しかし、子どもが好きな趣味と大人が好きな趣味は、とてもちがいます。

 MさんとGさんによると楽しそうな子どもの趣味は切手を集めることだそうです。子どもたちは良く話しながら友達になって切手をこうかんすることができます。他の子どもの趣味は いろいろなスポーツを習うことやコーラスをすることだそうです。

 大人の趣味について料理を作ることはおもしろいし、便利だと思われます。たとえば、友だちの誕生日に 自分で作ったケーキはかっこいいおくりものですね。他には絵を書くことや英語を勉強することもおもしろくて、便利な趣味だそうです。

 けつろんは みんないろいろな趣味がありますが年齢によって、とてもちがいます。そして、趣味があるから話題がたくさんできます。
                                            (エレナ・フロレスク 1年生)

・アレクサンドラさんはインターネットを通しての人間関係について話し合いました。

インターネットと人の関係

 インターネットを通じて知り合った人と友達になったことがありますか。このような人を信じられると思いますか。

 時々、インターネットのウェブサイトでは人に会うことが実生活より簡単かもしれません。社会化のサイトや様々なことを学ぶサイトがあるからです。でも、このように出会った人はどんな人物なのか分かりません。

 時々、見ず知らずの人に連絡します。別の国に住んでいる人の場合は会うことができないので、その人を信じられるかどうか分かりません。人の関係のためにボディーランゲージはとても大切だと思われています。ジェスチャーで能度が理解できますから。そして、だれか本人に会わずに本音を分かるためには長い時間かかります。

 時として、インターネットで知り合った人と親しい友達になれます。色々な国の友達がいれば、たくさんのことを見つけられて、文化交流もできます。一番良い事はその方と会えるようになる時です。こうすると友情がもっと強くなります。

 知り合う方法にかかわらず、良い友達ができたら、すばらしいことだと思います。友情は他のなにより大切です。
                                 (アレクサンドラ・アマイストロアイエ 1年生)


・アンドレアさんは、「若者言葉」について、グループで話し合いました。

流行の若者言葉

 世界の言語には さまざまな若者言葉があります。若い人によって、日々 新しい言葉も出ています。さらに、各世代はそれぞれ意見があるので、新しい言葉が 要ります。

 たいてい若者言葉は外来語が使われて、とても便利で、使いやすいです。例えば、ルーマニア語で 「セルフィ」は とても有名な若者言葉です。意味は自分で自分の写真をとることです。また、日本語で 流行っている若者言葉の中で 「ナウ」は 人気がある言葉です。「ナウ」は英語から来て、意味は 「今」です。

 また、同じ意味を持つけど、色々な言語で 言葉の使い方と話し方が違います。例えば、日本で 男性は 女性を見て好きだと思った時、「きれい」という言葉を使っています。でも、女性は 男性を見て好きだと思った時、「ハンサム」という言葉を言っています。一方、ブルガリア語で女性も男性も見た時に、同じ言葉を使っています。それは「ゴテイン」で、日本語の意味は「かっこいい」です。

 今の若者言葉は 将来古くなるだろうと思われています。また、外来語は どんどん増えていくとも思われています。 
                                       (アンドレア・オニオアエア 2年生)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。