ブカレスト大学外国語学部日本語学科ブログ

ブカレスト大学の日本語学科のことを日本語で発信しているブログです。

スポンサーサイト

Posted by J-unibuc on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Incursiune în Arta Chimonoului(着物芸術への誘い)」開催

Posted by J-unibuc on

 9月5日にブカレスト大学アウラ・マグナ・ホールにおいて、日本の伝統工芸紹介イベント「Incursiune în Arta Chimonoului/着物芸術への誘い(いざない)」が行われました。このイベントはブカレスト大学日本語学科とJapan Desk Scotlandの企画・運営で行われました。

1540276_951862881507154_332513813539035332_o.jpg

特別招待講演として、京友禅の伝統工芸士である吉江康二先生をお招きし、着物の歴史、京友禅の技法について講演していただきました。講演の後半では吉江先生ご夫妻による着付けの実演が行われました。また、会場には吉江先生の工房で染色に使われる型紙や道具、実際に作られた作品が多数展示され、イベント参加者に公開されました。

DSC05289.jpg

DSC05282.jpg

イベントには100人以上の一般の参加者が集まりました。講演後は舞台に展示された作品を実際に間近で見ていただきました。吉江先生ご夫妻、事前にワークショップに参加した日本語学科の学生を加え、参加者の質問に答えていくギャラリートークのような時間となりました。参加者からは、日本でもめったに見ることができない京友禅の工房の様子や、染めの技術等についての質問、実際に着物や反物を目の前に、感激の声が多く聞かれました。

DSC05279.jpg

 講演後、吉江先生からは「来る前は限られたルーマニアの情報しかなく心配もあったが、学生と日本語でコミュニケーションがとれたこと、また一般の参加者の興味関心の高さに驚いた」という感想をいただきました。

5日の一般講演に先立ち、3,4日には日本語学科内において、高校生、大学生を対象に染めの体験ワークショップが行われ、吉江先生がデザインされた型紙を使って、何色も色を重ねる染めを実際に行いました。配色は学生自身が考え、グループで相談しながら、繊細な注意を要する作業に、教室内は熱気に包まれました。

DSC05246.jpg

DSC05261.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。