ブカレスト大学外国語学部日本語学科ブログ

ブカレスト大学の日本語学科のことを日本語で発信しているブログです。

スポンサーサイト

Posted by J-unibuc on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本での留学と日本の祭り

Posted by J-unibuc on

アリナ・ラザル
(3年生)

私はアリナと申します。秋田大学で一年間留学しました。素敵な思いでをつくりました。たくさんの外国人の友達ができたり、歴史的な場所を見たり、素晴らしい祭りに参加しました。そして、一番好きな祭りについて少し述べたいと思います。皆東西日本の祭りについて聞いたことがあるでしょう。ですが、秋田県の祭りについてはあまり知られていないみたいです。日本で2月末に春休みが始まりますが、北の方はまだ雪があり、雪と関係のある祭りがたくさんあります。

最初男鹿という町になまはげ祭りを見に行きました。この祭りがあったのは夜だったので、着いた時シャトルバスもありませんでしたが、駅の中で埼玉の女性に偶然出会い、一緒にタクシーでなまはげ祭りが行われるところまで行きました。会場は神社の近くでした。大きい火の前でなまはげが踊った後、太鼓の演奏がありました。

namahage 1

つぎは横手のかまくら祭りに行きました。その日はとても寒く、少し氷もあり、私はすべって転んでしまいました。でも、ミニ点灯かまくらを見たり、大きいかまくらの中に入ったり、そして中学生たちと一緒にもちと甘酒をいただいたりしました。

kamakura.jpg

三つ目の火祭りには韓国人の友達と日本人の友達と行きました。天気のせいで少し遅れて会場に着いたので、太鼓の演奏を見られませんでしたが、大きい紙風船上げと大きい火を見ました。そして、冬なのに花火も見れました。日本人の友達は「冬の花火は日本で珍しいので初めて見た」と言いました。

Artificii.jpg

三つの祭りしか見ませんでしたが、すごく楽しい経験でした。有名な祭りは確かにすごくて、皆行くけど、このような小さい祭りもとてもきれいで、日本の精神に近づく気がしました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。