ブカレスト大学外国語学部日本語学科ブログ

ブカレスト大学の日本語学科のことを日本語で発信しているブログです。

ルーマニア人のイースターの過ごし方

Posted by J-unibuc on

ブカレスト大学日本語学科の2年生、アレクサンドラ・アマイストロアイエさんはルーマニア人のイースターについて書いてみました。ご興味のある方は是非お読みください。

ルーマニア人のイースターの過ごし方

ルーマニア社会では宗教が大事な役割を果たすので、イースターは重要になりました。クリスマスと共に、一番楽しみな祝日だと思います。

イースターの宗教的な意味はキリストの復活のことです。キリスト教ではキリスト様が人間の世界へいらっしゃった神様の息子さんだと思われています。天国へお帰りになる前、人間に処刑されて、3日間後に復活されました。そして、キリスト様の復活のお祝いはイースターになりました。二つ目の意味は自然に関係があります。イースターの頃は木の花が咲いたり、天気が暖かくなってきたりするので、春の初めと言う意味もあります。

ルーマニア人にとって一年間の一番素晴らしい時だと思います。皆休みがありますから、実家へ帰って、家族と一緒に時間を過ごすことが多いです。習慣が沢山あり、全国で人々は卵を染めたり、伝統的な料理を作ったり、イースターの夜に教会へ行ったりします。

卵の染め方は様々あります。一番シンプルな染め方は無地な一色です。これはとても簡単で、誰でもできるでしょう。そして、他の染め方は絵を描くことや小さな飾りで飾ることです。すごく美しくなりますが、そんな卵は食べられません。展覧会の展示や飾り物として使われています。

一般的な伝統料理はコゾナック(“cozonac”) やサルマーレ(“sarmale”) です。コゾナックとはパンの形をして、色んな中身がある甘いものです。サルマーレはロールキャベツのような食物です。ルーマニア人は毎年イースターのような大事な祝日の時作って食べます。

イースターの夜に教会へ行く人は多いです。そこでまず牧師様のお祈りを聞きます。真夜中になったら、牧師様は教会の外へ出てきて、教区民に「聖なる光」をさずけます。そして、人々は蝋燭を持って教会の回りを3回位回ります。いただいた聖なる光を持って家へ戻ります。

子供にとって、一番嬉しいのがイースターバニーだと思います。イースターバニーというのはイースターの時、子供たちにプレゼントをするキャラクターです。姿を想像したら、小さくて可愛いウサギのイメージをしています。

このようにイースターはルーマニア人にとって大事な祝日です。家族と一緒に楽しい時間を過ごし、春に行うので、天気も良いし、気持ちも良くなります。皆は休息ができて、そのあとリフレッシュして、日常に戻っていきます。