ブカレスト大学外国語学部日本語学科ブログ

ブカレスト大学の日本語学科のことを日本語で発信しているブログです。

日本語の面白さ

Posted by J-unibuc on

ブカレスト大学日本語学科の卒業者、スタンク・アンドレア・ミハエラさんが日本語とルーマニア語の違いについて考えてみました。ご興味のある方は是非お読みください。

日本語の面白さ

全世界で日本語が面白いと思っている方が多い。私も日本語が面白いと思う。しかし、面白いというのは具体的に何だろうか。これから、日本に留学したとき気になった「する」および「なる」の面白い使い方を紹介したいと思う。

ルーマニアでは「結婚することにした」と言うことは、おめでたいこととして見られている。そのような言い方により、自分は成熟し、結婚するということの責任を全て負えると感じたうえで、結婚することを決めたということが表現されている。

一方で、日本では「結婚することにした」と言ったら、自分はかわいそうな人として見られている可能性が高い。理由は「する」はほとんどに自分が制御することを表すが、自分にとってつらいことを表すこともあるからだ。例えば、結婚の場合は「することにした」というのは、裏に親方に反対されても、結婚することを決めた、という可能性を含む言い方だ。なので、もし誰かが微笑みながら日本人の方に「結婚することにした」と言ったら、その人はかわいそうに見られてしまうだろう。

もう一つの例として、ルーマニア及び日本の「職場を変えることにした」という言い方の意味を説明したいと思う。ルーマニアで「職場を変えることにした」と言ったら、自分にとってもっと有益的な仕事が見つかり、自分で職場を変えると決めたという意味である。それと反対に、日本で「「職場を変えることにした」と言ったら、自分は今までの職場で何か悪いことをし、仕事を辞めさせるせいで、仕事を変えるよりほかない人として見られている可能性がある。

次に、「なる」について話そう。「なる」は自分は制御できないこと、自然に起こることを表す。なので、日本で「結婚することになった」と言ったら、本来に自分が結婚する目的がなくても、自分に相応しい相手が自然に現れ、結婚すると決めたという意味だ。だから、「結婚することになった」という報告は喜ばしいこととして見られている。

しかし、面白いことに、ルーマニアで「結婚することになった」と言ったら、残念な状況による結婚として見られている。「結婚することになった」と聞いている相手は、近い将来に結婚する人にとって結婚が非常につらいことだという考えを引き起こす。同様に、「職場を変えることになった」と聞いている日本人の相手は、職場を変える人に自然にもっとよい仕事が見つかり、職場を変えるというのは喜ばしいことだと分かる。一方で、ルーマニアで「職場を変えることになった」という言い方により、自分にとって職場を変えることは悔しく、望ましくなかったことだと伝える。

これらのような面白い違いにより、日本語、日本文化及び考え方を深めるに伴って、自分の国の文化および考え方をもっと強く意識するようになる。こういうふうな違いにこそ、自分の心で、距離が遠い異文化からのよい刺激を感じることができる。